カテゴリ:花だより( 9 )

満開のエダウチフクジュソウほか

                                   K.I

4月16日、Yさんに藤原岳を案内していただきました。 地元の方々もご一緒で、とても楽しい観察会になりました。色んな花が見ることができるようにとのご配慮で聖宝寺道を上り、大貝戸道を下りました。天候に恵まれ、展望台からは周りの山々がよく見えました。

今年は春が遅いそうで、まだあちこちに雪渓が残っていましたが、8合目より上ではちょうどエダウチフクジュソウが満開で、斜面一面に黄金色の花が輝く素晴らしい景色を見る事ができました。

a0253180_1362784.jpga0253180_1381738.jpg
エダウチフクジュソウ

過日教えていただいた、萼が花弁と同じ長さであることと葉裏に毛が生えていることを実物を見ながらもう一度教えていただきました。 雪が沢山残っている谷筋にはまだ蕾の状態の個体が沢山ありました。なお、シコクフクジュソウは尾根の方にあり、藤原岳にはないそうです。
満開のフクジュソウを見ることができただけでも藤原岳に登った甲斐があったというものですが、フクジュソウ以外にも、珍しいヒロハノアマナ(葉に白い筋)の愛らしい姿をあちこちに見る事ができました。 ミヤマカタバミやヒトリシズカも沢山咲いていて癒されました。

a0253180_13104066.jpg

                  ヒロハノアマナ


セツブンソウは既に果実をつけていましたが、アズマイチゲ、キクザキイチゲ、スハマソウ、コセリバオウレン、そしてミノコバイモ(葯が白色)の花まで見る事ができ、ラッキーでした。
イチリンソウやニリンソウも咲き始めていました。(麓の民家の玄関先で育てられていたイチリンソウは花がものすごく大きくてビックリ。) カタクリは一つだけ蕾を見ましたが、ほとんどまだ葉だけ、エビネは地面から芽がほんのちょっと出ている状態でした。

a0253180_1324745.jpga0253180_13252388.jpg
                   アズマイチゲ                  キクザキイチゲ

a0253180_13363151.jpga0253180_133865.jpg
                   スハマソウ                   コセリバオウレン

ハクサンハタザオ、カテンソウ、ユリワサビ、セントウソウ、マルバコンロンソウ、ヤマネコノメソウ、スズカボタン、ニシキゴロモ、オニシバリ又はチョウセンナニワズ、タチツボスミレ、コタチツボスミレ、シハイスミレ、ノジスミレ、ムラサキケマン、ミヤマキケマン、サワハコベ、ミヤマハコベ、イズセンリョウ(木本)なども咲いていました。 ニシノホンモンジスゲや滝の付近ではタキミチャルメルソウやワサビも見ることができました。
そのほか、花はありませんでしたが、バイケイソウやカワチブシの群落があったり、スズカアザミ、マルミノウルシ、イワタバコ、クリハラン、まだちっちゃいエンレイソウやサワギク、ウラシマソウ、スズカカンアオイ、ツクバネソウ、オオバタネツケバナ、キランソウ、ナツトウダイ、黄緑色のオウレンシダ(好石灰植物)、クモノスシダ、トウゴクシダ、ヒカゲノカズラ、ツチグリ(キノコ)も見る事ができました。

a0253180_13401799.jpg

                     ミノコバイモ

木本ではシロダモの若芽がほの暗い林の中で銀色に輝いていて、まるで花のようで見とれました。 シキミ、アブラチャン、キブシ、モミジイチゴ、アセビの花も咲いていました。 ツツジの類はまだでした。 山荘から展望台への道には鹿が食べない有毒のハナヒリノキが沢山ありました。 オニグルミの実が落ちていて、リスは真っ二つに割って食べ、ネズミは穴をあけて食べると教えていただきました。 シマリスが雪の上を走っていたり、水たまりにヒキガエルとその卵がいっぱいあったりしました。

害草ハルザキヤマガラシはまだ小さい状態でしたが、地元の方々は抜いておられました。

藤原岳は花の百名山として有名ですが、全国的に珍しい植物もあると知りました。
優れた観察眼の皆さんのお蔭で沢山の花に出会うことができ、感謝の気持ちで一杯です。
桑名駅から藤原岳の麓までの車窓からは山肌にサクラが沢山見え、まさに山笑う春でしたが、豊かな自然にそぐわない工場や削られた斜面を間近に見るとやはり異様な感じがしました。
                                                                  2017.04.20 記
















 

[PR]
by mamorefujiwaraMT | 2017-05-11 16:15 | 花だより
2015年4月下旬と5月上旬の花

藤原岳大貝戸道から山頂部までのあいだで、今年目にした草花の写真を紹介します。
花名は、順に下記のとおりです。 
もうすこし上手に花を写せないものか、という声が聞こえてきました。

4月26日撮影
カタクリ トウゴクサバノオ   シロバナネコノメソウ ヒトリシズカ   ニリンソウ ユリワサビ  
ミノコバイモ ヒロハアマナ 

a0253180_1040985.jpga0253180_10414940.jpga0253180_10432255.jpga0253180_10442519.jpga0253180_10461246.jpga0253180_10471159.jpga0253180_10481111.jpga0253180_1049359.jpg




5月10日撮影
ギンラン コトウカンアオイ    イチリンソウ  エビネ

a0253180_10584415.jpg
a0253180_10574594.jpg
a0253180_1105943.jpga0253180_1121844.jpg








[PR]
by mamorefujiwaraMT | 2015-05-13 18:08 | 花だより
3月の植物

藤原岳には、ふつうのエダウチフクジュソウと新しい種のシコクフクジュソウのふたつの生育が確認されていますが、本家四国では手厚い保護がされているのに、藤原岳のシコクフクジュソウは非常に数が減っています。
ビッチュウヒカゲスゲは岡山県の石灰岩質の山に生育する希少種ですが、藤原岳でも生育が確認されました。  藤原岳のフキヤミツバも、もともとは岡山産のものです。  
ミスミソウは、スハマソウやケスハマソウなどと特にわけずにミスミソウとしてあります。


a0253180_15443761.jpga0253180_1545921.jpg
シコクフクジュソウ                   セツブンソウ

a0253180_15470100.jpga0253180_15484317.jpg
オニシバリ                        ミスミソウ

a0253180_15501785.jpga0253180_15505172.jpg
クモノスシダ                       イチョウシダ

a0253180_15523739.jpga0253180_1553882.jpg
ビッチュウヒカゲスゲ                  コセリバオウレン




4月の植物

藤原岳のミノコバイモは、従来はアワコバイモと誤って名がつけられていました。 まだ訂正されていない看板が残っています。 ミノコバイモは、葯の色が紫褐色ではなく、白色です。
藤原岳は石灰岩質の山です。 クモノスシダ、イチョウシダ、ビロードシダの3種が同じ山のなかで見られます。

a0253180_16143412.jpga0253180_16151313.jpg
スズカカンアオイ                     ヒロハノアマナ

a0253180_16181638.jpga0253180_16185685.jpg
シコクフクジュソウ                    ミノコバイモ

a0253180_16272675.jpga0253180_16275540.jpg
ビロードシダ                        イチョウシダ

a0253180_16292462.jpga0253180_1630032.jpg
コタチツボスミレ                     ケスハマソウ



5月の植物

エンコウソウからカリガネソウまでの4種は、ふもとの聖宝寺境内での写真です。
コトウカンアオイは、スズカカンアオイと異なって花の萼裂片が開出しない点が見た目の特徴だとされます。
ミヤマザクラは、もっとも開花の遅いヤマザクラのなかまです。 撮影は6月1日でしたが、5月分にいれました。
エビネの群落は規模が小さくなりました。 クマガイソウの群落でもそうですが、写真をとる多くの人の踏みつけが影響しているようです。

a0253180_1642988.jpga0253180_16424891.jpg
エンコウソウ                       タキミチャルメルソウとセキショウ

a0253180_16456100.jpga0253180_16454488.jpg
カリガネソウ                       ヤマトグサ

a0253180_16482692.jpga0253180_16491235.jpg
ツルカノコソウ                      ウラシマソウ

a0253180_16501553.jpga0253180_16505814.jpg
コトウカンアオイ                     スズカカンアオイ

a0253180_16523335.jpga0253180_16532293.jpg
サワハコベ                        ヤマハコベ(アオハコベ?)

a0253180_1657442.jpga0253180_16581478.jpg
エイザンスミレ(葉のみ)                ハクサンハタザオ

a0253180_1705172.jpga0253180_1712438.jpg
ミヤマザクラ                       ヤマツツジ

a0253180_17215679.jpga0253180_17224145.jpg
ミミナグサ                         エビネ





[PR]
by mamorefujiwaraMT | 2014-06-05 17:30 | 花だより
2013年の秋の植物です。
わずかですみません。

a0253180_2154477.jpga0253180_21544197.jpg
アケボノソウ                         ハダカホウズキ

a0253180_21574685.jpga0253180_21581564.jpg
ビロードシダ                         イチョウシダ
[PR]
by mamorefujiwaraMT | 2013-11-02 21:51 | 花だより
2013年9月の藤原岳の植物写真です。 花の写真は少ないです。

a0253180_2127653.jpga0253180_2128239.jpg
イチョウシダ                         ビロードシダ

a0253180_21313690.jpga0253180_21313981.jpg
ステゴビル                          ホソバシュロソウ

a0253180_21341935.jpga0253180_2135013.jpg
ヤマガシュウ                         ヤセホタルサイコ

a0253180_2137113.jpga0253180_21374391.jpg
ビッチュウヒカゲスゲ                     ヤマジノホトトギス


(番外編)  猛毒菌のカエンタケと国天然記念物のニホンカモシカ。 いずれも藤原岳で撮影。
a0253180_21425649.jpga0253180_21433843.jpg
カエンタケ                           ニホンカモシカ
[PR]
by mamorefujiwaraMT | 2013-10-02 21:23 | 花だより
例によって、花のないものも含めて、藤原岳で写した樹木と草花の写真を紹介します。
中には、貴重なものもふくまれています。

a0253180_20562848.jpga0253180_20573852.jpg
クモノスシダ                         ヤセホタルサイコ

a0253180_20584755.jpga0253180_20593217.jpg
ウスギナツノタムラソウ                  キヌタソウ

a0253180_2103625.jpga0253180_2112920.jpg
ツルガシワ                          エゾスズラン

a0253180_21104725.jpga0253180_21114960.jpg
クモキリソウ                         ツルニガクサ

a0253180_2113897.jpga0253180_21134968.jpg
ギンレイカ(ミヤマタゴボウ)                アキノタムラソウ
[PR]
by mamorefujiwaraMT | 2013-08-07 15:40 | 花だより
5月の花

藤原岳で5月に写した木や草花を例によって冴えない写真でご紹介します。


a0253180_164429100.jpga0253180_1645623.jpg
アセビ                             エビネ

a0253180_16462764.jpga0253180_16474954.jpg
ヤマツツジ                          フタバアオイ

a0253180_16505277.jpga0253180_16513882.jpg
イチリンソウ                          サギゴケ

a0253180_2345261.jpga0253180_23461567.jpg
カテンソウ                            ムラサキケマン


[PR]
by mamorefujiwaraMT | 2013-06-05 16:40 | 花だより
4月の草花

藤原岳の今春の草花をつたない写真ではありますが、ご紹介します。
例によって、生育地の場所の特定はさけております。  草花の名前は、藤原岳自然科学館運営委員で、当会会員の K.Y氏の指導をえて記していますが、なかには筆者の聞きまちがえがあるかもしれません。

a0253180_14301864.jpga0253180_15373541.jpg
     ニシキゴロモ                   ヒロハノアマナ

a0253180_1542289.jpga0253180_15444751.jpg
   エダウチフクジュソウ                キバナノアマナ
藤原岳には、シコクフクジュソウという新しい種のフクジュソウの生育が判明しました。そこで、従来の「フクジュソウ」を、学名どおりに、エダウチフクジュソウと記しました。

a0253180_1547371.jpga0253180_15503985.jpg
   キクザキイチリンソウ                ナガバノスミレサイシン

a0253180_15522932.jpga0253180_15531013.jpg
   ヒトリシズカ                      コタチツボスミレ

a0253180_15561531.jpga0253180_1556578.jpg
   ウグイスカグラ                    イワザクラ

a0253180_1692599.jpga0253180_1610281.jpg
   フキヤミツバ                      フデリンドウ

a0253180_16115541.jpga0253180_16122895.jpg
   ヤマルリソウ                      イカリソウ

a0253180_16154166.jpga0253180_16161791.jpg
   ツクバネソウ                      ミヤマハコベ

a0253180_2356638.jpga0253180_23571992.jpg
   トサノミツバツツジ                   ウスバサイシン







[PR]
by mamorefujiwaraMT | 2013-05-06 06:50 | 花だより
 セツブンソウ 

いまセツブンソウが見ごろです。

a0253180_17235285.jpg


a0253180_17245135.jpg

茎葉2枚が対生し、白い花びら5個は萼片です。 花弁は先端がまるく黄色で密腺状。 2またになります。
雄しべは多数で紫色。 石灰岩地を好むため藤原岳周辺にはとくに多いですね。
 
写真は、藤原岳山麓にある三岐鉄道西藤原駅からすこし歩いた場所で撮影しました。
これからキンポウゲ科の花が藤原岳をだんだんと上っていくことでしょう。

民家の水辺ではセントウソウが可憐な白花を見せています。 ルーペで光沢のある葉を見ると、とても
きれいです。 葉柄は長く、紫色を帯びていて、基部には膜状の大きな托葉があって茎を抱いています。

a0253180_17305757.jpg

[PR]
by mamorefujiwaraMT | 2013-03-02 17:32 | 花だより