<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

焼却灰、売り手市場       原発事故、東日本分の流通滞る

                        2012.03.24  朝日新聞 朝刊 三重版

四日市で初入札
工事用セメントに混ぜられるなどして資源化される、ごみの焼却灰。 福島第一原発の事故後、放射性物質に汚染された灰が敬遠される中、四日市市で灰を求めるセメント業者が相次ぎ、市が初めて指名競争入札を実施した。 原発事故で「売り手市場」となり、2012年度の市の処理費は11年度と比べて約8千万円減ることになった。

処理費8千万円削減
市内では北部清掃工場で家庭ごみが焼かれ、年間9千トンの焼却灰が発生する。 これまでは資源化設備を持つ業者が少なく、引き受け手がなかったため、市は08~11年度に太平洋セメント(大分県津久見市の処分地)、宇部興産(福岡県苅田町の処分地)、三重中央開発(伊賀市の処分地)と随意契約を結び、灰を引き取ってもらっていた。 11年度の処理費は計3億700万円だった。
ところが今年に入り、セメント業者の営業活動が活発化。 市は今月5日、12年度の処理について、三菱マテリアル(北九州市)、住友大阪セメント(兵庫県赤穂市)、中部リサイクル(名古屋市)の3社を加えた計6社による指名競争入札を実施した。
処理費は、予定価格でも約5千万円減る見込みだったが、三重中央開発が1トン当たり2万3950円で落札、8067万円減ることになった。
市によると、セメント業界では東日本大震災の前、維持費の高い灰溶融から自治体が相次いで撤退していることなどから、灰の処理委託が増えると見込み、受け入れ態勢を整備した。 原発事故後、放射性物質拡散への懸念から東日本の焼却灰の流通が滞る一方、ほかの地域では「売り手市場」(生活環境課)になっているという。
入札参加業者の中には「灰は最終的にはセメント製品になる。 放射性物質に汚染された関東以北のものを受け入れづらい実情はある」と話す担当者もいる。
市の担当者は「処理費は安くなったが、震災の影響でもあり、複雑な気持ち。 この傾向が続くのかもわからない」と話している。        (嶋田圭一郎)
[PR]
by mamorefujiwaraMT | 2012-03-24 12:40 | 新聞 関係記事
震災がれき 三重県受け入れ調整
セメント製品化 いなべの工場で

 東日本大震災で発生したがれきの広域処理で、三重県は受け入れに向けて、同県いなべ市藤原町の太平洋セメント工場で処理する方向で、同社といなべ市などと調整に入った。 三者が合意すれば、県はいなべ市と協力して地元住民に説明し理解を求める。

 セメント大手の太平洋セメント(本社東京)は大船渡工場(岩手県大船渡市)のプラントで同市と近隣の同県陸前高田市のがれきを昨年六月から処理。 昨年末からは焼却時に出る灰を石灰石などと混合・焼成してセメントを生産し、放射線測定で安全性を確認した上で出荷している。 三年間で八十万トンを処理する。
 関係者によると、同社の処理実績に注目した三重県が、主力工場の藤原工場でも受け入れが可能と判断し、調整に乗り出した。
 搬入するがれきの量や種類は未定だが大船渡工場と同様、セメントとして製品化するとみられる。
 藤原工場は、セメント製品などの輸送路として三岐鉄道三岐線(近鉄富田ー西藤原)が直接乗り入れる。 被災地のがれきの搬送方法として、県は全行程を鉄道による陸路か、海路で四日市港(三重県四日市市)まで運び、陸揚げ後に鉄道で搬入するルートを想定している。
 本紙の取材に、日沖靖いなべ市長は「県が正式に表明すれば地元住民に説明する。 理解が得られれば被災地のために受け入れたい」と前向きな姿勢を示した。 太平洋セメントの広報担当者は「正式な要請は受けていないのでコメントできない。 技術的に処理は可能だが、住民の理解を得ることが必要だ」と答えた。
 がれきの受け入れをめぐっては、愛知県が中部電力碧南火力発電所(愛知県碧南市)の敷地内に自前の焼却炉と最終処分場を建設する方向で、中電側と調整中。 焼却施設を持つ県内の市町村にも協力を呼び掛けている。
[PR]
by mamorefujiwaraMT | 2012-03-21 16:22 | 新聞 関係記事
《私の論点、疑問点》    今回の評価書を読んで
                                 2012.03.07  (会員 M,I)

論点

* 地形・地質の特殊性や多気候区の境で植物は多様性に富む。 特に早春植物は有名である。
* 藤原岳は鈴鹿国定公園内にあり、鈴鹿マウンテンの一つである。 また、花の百名山・新花の百名山(田中澄江 随筆)、日本の300名山(日本山岳会)、関西百名山(山と渓谷社)として全国的に有名である。 特に早春植物については種類数・個体数ともに豊富である。 
また本鉱区の採掘域には注目すべき種としてアサダ、オヒョウ、フキヤミツバ、ヒメニラ、イワザクラ、コフウロ、イワウメズル、チョウセンナニワズなど(環境アセスメント重要植物リスト参照)が生育し、
① これらの中には鈴鹿山系のみならず藤原岳でもこの山頂鉱区だけに生育するもの:アサダ、ヒメニラ、コフウロ、イワウメズル、チョウセンナニワズ 
② 鈴鹿山系で藤原岳に限り分布(1カ所)し、特にこの鉱区に個体数が多く生育するもの:フキヤミツバ 
③ 県内の他地域にも生育するが、鈴鹿山系では藤原岳だけに生育し、この鉱区に特に個体数の多いもの:イワザクラ 
④ 他地域にも生育するが個体数が特に少ないもの:オヒョウ 
⑤ ①②③④を含めて、採掘に伴う環境の変化により影響を受ける貴重種は計62種にのぼる(環境アセスメント重要植物リスト参照)。
* 山頂鉱区採掘後(50年後)の将来的採掘計画(今回の本工事が完了すると、最終的に藤原岳展望丘から500m東の地点まで採掘されることになり、同時に高さは標高600mまで下げられる)を県民は具体的に把握しているだろうか?
* 下記の各視点・観点から改めて今回の事業を検討しなおす必要がある。
  公益的機能……緑の価値はお金に換算できない(あえてお金に換算すると?)
  サスティナビリティ-----持続可能な開発の視点
  デバシティ------生物多様性(種・遺伝子・生態系)の維持という視点
  再生可能な自然の保護・保全という観点
* 「想定外」は科学にはありえない。 想定内とは仮説通りの実験結果が得られたことであり、想定外とは仮説に誤りがあることを指している。 よって採掘は挿し木や移植した結果が成功してから始めるべきであろう。 武甲山・藤原岳の現状は目に余るものがあり、これを復帰・回復の実証をしたうえで新たな事業にかかるべきである。  ただし、生態系にはわからない点も多く「試行錯誤」はありうるが、採掘の結果として取り返しのつかないことになってはいけない。見通しを立てることが必要である。 埼玉県武甲山採掘の結果や藤原岳採掘80年の結果はよい例である。
* 植物腊葉標本を残す(生育地域が消失する場合、その生育地の標本)。 最終的には県立博物館へ納めるべきであろう。


疑問点

* 挿し木、取り木、移植、組織培養についての疑問点。
① 種の多様性の観点と同時に遺伝子の多様性の維持が必要。 評価書では組織培養には「自信がある」と記されている(組織培養の功罪。 同一種内にも遺伝子の多様性がある。 よって組織培養に伴う種の遺伝子の単純化が心配される)。
② 生態系の多様性の維持の観点(狭い地域それぞれについて、微気候、微妙な環境の中でそれぞれに成立した生態系である。
③ 種の保護をするには環境の保全が必要。 その他、採掘に当たっては現地での移植や播種はもちろんのこと、同時に生育維持可能なしかるべき施設で育てていくことも必要である。
④ 評価書の(2)土地または工作物の存在および供用(事業活動による影響) ②予測結果(a)植物相等の変化の程度について 『事業の実施により、稜線部や斜面の草地や樹林は、段階的に伐採、改変され減少する。 しかし-----------重要種は移植等により保全を図る計画である。 また、-----------採集残壁の犬走りには在来種を基本として緑化、植栽し、樹林環境の復元に努める計画である。 以上のことから、事業活動による山頂鉱区周辺の山地の植物相への影響は小さいものと予想される。』とあるが、重要種の移植等が、事業期間50年の中で、採掘と同時並行的になされるとすれば、いかにも対症療法的であり、種の保存・維持にとって危険である。 移植地は近くとはいえ生育地は確実に消失するため事前の実験実証が必要である。
* モニター期間について: 採掘期間50年間であるのに対して、評価書では10年後までのモニターしか設定されていないことについての疑問点。 評価書では事業開始から25年前後に特に貴重種の多いクマシデ-ミズキ群落が採掘されるが、モニター期間の設定はこれで良いのか。 ましてや評価書からは移植は採掘と同時進行とも読み取れ、おおいに疑問である。
* イヌワシ、クマタカについてその回避・低減: 採餌場として林間にシカ防護柵を設置したギャップを設けると計画しているが植物遷移の進行を持続的に維持・管理していくことは可能なのか。 柵にウサギの入れる隙間はあるのか。
* カナマルマイマイについて: 国内で採掘地域だけに生息する三重県指定希少野生動植物(三重県自然環境保全条例指定種)であるが、これをいかに解除するか?
* 評価書には治田鉱区の事業は当面延期(イヌワシ生息域による回避?)とあるが今後の計画を把握しているか?
* 評価書(作成:事業主)は事業を進める立場での内容だが、当方は生物にとって環境条件の悪い所に長年月を経て成立した藤原岳の生態系を維持するためには開発をしてはならないという立場である。
[PR]
by mamorefujiwaraMT | 2012-03-07 14:20 | 会員 各種論稿